忍者ブログ
情報とか日記とか雑感とか
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

せっかくのブログなので、何かについて語ってみようかと思います。

自分の好きな音楽、影響を受けてきた音。

そんな内容をつらつらと書いていけたらいいですね。

第一回目はThe Beatlesについて。

2010年はビートルズ解散40周年であり、ジョン・レノン没後30年でもあります。



 *****

両親の影響でビートルズを聴いていたので、
物心ついた頃からデタラメ英語で口ずさんでいました。
ポールが嫌いでジョンが好きな両親の洗脳教育により、
僕もポールよりはジョンの曲を好んで聴きます。
ジョージもいいですね。後半のジョージ作品は珠玉です。

ビートルズのサウンドは時代によってずいぶん変遷していますが、
個人的な分け方としては
Please Please Me ~ Help を前期、
Rubber Soul ~ Magical Mystery Tour を中期、
The Beatles ~ Let it Be を後期、
と分けるとわかりやすいんじゃないかと思っています。

アイドルグループだった前期。
サイケデリックな方向に進んだ中期。
より様々な方向に進んでいった後期。

僕は中期~後期の流れが好きなので、ここからはあまり前期には触れずに。

いずれのアルバムも見事な作品ですが、
中期の名盤といえばRevolverでしょうか。
サイケデリックロックの代表作ではないかと思っています。

後期の名盤といえばThe Beatles、Abbey Loadあたりでしょうか。
Let it Beは、のちにリミックスされたLet it Be Nakedの方を勧めます。バランスが素敵です。

収録曲的に一番好きなのはMagical Mystery Tour。
I am the Walrus、Strawberry Fields Forever、Penny Lane、All you Need is Love
シングルを集めたアルバムなので名曲が多いのでしょう。


ビートルズの音の変遷は録音機材の発達とともに語られることが多いですね。
今からは考えられないことですが、昔は4トラックレコーダーで作っていたわけで、
Sgt. Pepper's~における4トラックレコーダー2台によるピンポン録音は画期的だったようです。
これにより多重録音や逆再生など様々な手法が取り入れられて行きました。
Sgt.Pepper's~はコンセプトアルバムとしての評価も非常に高いですね。
A Day in the Lifeにみられるオーケストラとの共演も当時は新しかったようです。


とまぁ語りだすときりが無いのでこのあたりで締めたいと思います。

ではまた。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[16] [14] [15] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6]
しめさばについて
しめさば

シメサバツイスターズの中のひと

京都在住、かに座のB型。

ボカロを使って曲を書いてます。
変拍子大好き シンセ大好き ギター大好き。

twitter ID = simesabat


 
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[02/16 しめさば]
[02/16 yu.]
[07/21 しめさば]
[07/20 R-]
[07/15 しめさば]
めーるふぉーむ
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone